未利用エネルギーの回収と利用

研究内容

二酸化炭素排出削減に向け,省エネルギーや太陽光発電・風力発電などの再生可能エネルギーの導入が検討されています。この他にも,これまで利用されていなかったエネルギーの有効利用が求められています。そこで,大気熱を有効に利用するヒートポンプや,排熱や振動などの低質なエネルギーを電力エネルギーに換えて利用するエナジー・ハーべスティング等の技術が注目されています。舟木研究室では,ヒートポンプによる大気熱の有効利用による省エネルギー効果の評価や,用いる媒体に応じた適切なアプリケーションの計画・設計の検討を行っています。また,振動発電の道路構造物への適用によるエネルギー回収の可能性および,得られたエネルギーの利用方法について検討しています。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-04-04 (月) 09:49:56 (4831d)