研究実績

2021年度研究成果

査読付論文

  1. 關 翔太福永 崇平井渕 貴章舟木 剛:「10MHz帯E級インバータの設計に向けた磁気部品の2ポート測定とモデル化」,電気学会論文誌A,vol.141, no.5, pp.317-326, 2021. doi.
  2. Shuhei Fukunaga, Tsuyoshi Funaki: “Thermal decouple design of multi-chip SiC power module with thermal anisotropic graphite,” IEEE Transactions on Components, Packaging and Manufacturing Technology, vol.11, no.5, pp.778-784, 2021. doi.
  3. Keita Takahashi, Takaaki Ibuchi, Tsuyoshi Funaki: "Noise-Source Model for Frequency-Domain EMI Simulation of a Single-Phased Power Circuit," IEEE Trans. EMC, vol.63, no.3, pp.772-782, June 2021. doi.
  4. 齊藤 裕也, 井渕 貴章, 舟木 剛,川井 一馬,津田 剛宏:「CMOS構成DC-DC降圧コンバータにおけるEMIノイズ源の等価回路モデル化」,電子情報通信学会論文誌B, Vol.J104-B, No.6, pp.461-470, 2021. doi.
  5. 野村 優貴舟木 剛,花田 俊雄,中村 孝:「SiCSBDを多直列接続した超高耐圧ダイオードモジュールの電圧分担に関する一考察」, 電気学会論文誌D,vol.141,no.8,pp.646-653, 2021. doi.
  6. Shuhei Fukunaga, Tsuyoshi Funaki: “Chip layout optimization of SiC power modules based on multiobjective electro-thermal design strategy,” IEEJ Journal of Industry Applications, vol.11, no.1, pp. 157-162, 2022. doi.
  7. Shota Seki, Tsuyoshi Funaki, Jun Arima, Minoru Fujita, Jun Hirabayashi, Kazuyoshi Hanabusa: "Transient thermal characterization of β-Ga2O3 Schottky barrier diodes," IEICE Electronics Express, vol.19, no.6, Pages 20210558, 2022. doi.

国際会議

  1. Shuhei Fukunaga, Hajime Takayama, Takashi Hikihara: “A study on switching surge voltage suppression of SiC MOSFET by digital active gate drive,” The 12th IEEE Energy Conversion Congress and Exposition – Asia, 2021 (ECCE - Asia 2021), OR-02-0485, Singapore, May 24-27, 2021.(Oral)doi.
  2. Hajime Takayama, Shuhei Fukunaga, Takashi Hikihara: “Switching trajectory control of SiC MOSFET based on I-V characteristics using digital active gate driver,” The 12th IEEE Energy Conversion Congress and Exposition – Asia, 2021 (ECCE - Asia 2021), OR-02-0484, Singapore, May 24-27, 2021.(Oral)doi.
  3. Hideharu Sugihara, Tsuyoshi Funaki: "Temperature-Based Overload Evaluation in Low-Voltage Distribution Lines Considering PVs and EVs: Model Validation and Simulations," ID 158 I, 14th IEEE Power Tech, Jun. 28- Jul. 2, 2021. doi.
  4. Tomoaki Hara, Yoshitaka Aoki, and Tsuyoshi Funaki: "Thermal fluid simulation modeling and fatigue analysis of double-sided cooling power module based on thermal transient test," 2021 27th International Workshop on Thermal Investigations of ICs and Systems (THERMINIC), Sep. 23, 2021. doi.
  5. Shuhei Fukunaga, Tsuyoshi Funaki: "Identification of high resolution transient thermal network model for power module packages," The 13th European Conference on Silicon Carbide and Related Materials (ECSCRM2020-2021), Tu-P-44, Tours, France, Oct. 24 - 28, 2021. (Poster)

解説記事・紀要

口頭発表

  1. 福永 崇平, 高山 創, 引原 隆士:「SiC MOSFETのディジタルアクティブゲート駆動波形の多目的最適化に関する数値検討」, 電子情報通信学会 NOLTAソサイエティ大会, #2017, 東京都市大学(オンライン), 2021年6月.(査読有)
  2. 高山 創, 福永 崇平, 引原 隆士:「SiC MOSFETのゲート電圧波形の遺伝的アルゴリズムによる最適化に関する一検討」, 電気学会 電子回路研究会, ECT-21-026, オンライン, 2021年6月.
  3. 舟木 剛,「総論」,2021年電気学会産業応用部門大会, 4-S13-1, 2021年8月27日.
  4. 井渕 貴章, 伊東 弘晃, 塩津 翔太, 那波 隆之, 三間 彬,「高温環境下で使用する車載向けパワーモジュールの要素技術」,2021年電気学会産業応用部門大会, 4-S13-4, 2021年8月27日.
  5. 井渕 貴章, 舟木 剛,「スイッチング電流測定における同軸シャント抵抗の実装方式と測定精度に関する一検討」,電気学会 半導体電力変換/モータドライブ合同研究会, SPC-21-122, MD-21-109, 2021年9月17日.
  6. 舟木 剛, 井渕 貴章,「三相誘導電動機の伝導雑音伝搬特性評価に関する一検討 -ユニタリ変換によるミックストモードパラメータ抽出-」,電気学会 電磁環境/半導体電力変換合同研究会, EMC-21-036/SPC-21-156, 2021年12月8日.
  7. 福田 典子, 舟木 剛,「高電圧SiCモジュールを前提とした交流電気車トランスレス化用直流入出力間伝送回路の構成と動作原理」,電気学会 半導体電力変換/家電・民生/自動車合同研究会, SPC-21-167/HCA-21-035/VT-21-030, 2021年12月17日.
  8. 井渕 貴章, 舟木 剛,「ゲイン-位相特性および過渡応答測定に基づく電圧・電流プローブの性能評価に関する一検討」,電気学会 電磁環境研究会, EMC-22-002, 2022年3月11日.
  9. 舟木 剛, 井渕 貴章,「多ポートSパラメータ計測による電動機駆動における伝導ノイズ特性評価に関する一検討」,電気学会 電磁環境研究会, EMC-22-003, 2022年3月11日.
  10. 福永 崇平, 高山 創, 引原 隆士:「SiC MOSFETの駆動に自動最適化可能なディジタルアクティブゲートドライバとそのダブルパルス試験における検証」, 電気学会 全国大会, 4-010, オンライン, 2022年3月.
  11. 關 翔太, 舟木 剛:「GaNトランジスタを用いた40MHz帯E級インバータの実験的検討」, 電気学会 全国大会, 4-104, オンライン, 2022年3月.
  12. 舟木 剛, 福田 典子, 中村 孝:「交流電気車用トランスレス直流電源」, 電気学会 全国大会, 5-156, オンライン, 2022年3月.

著書

研究助成

  1. 福永 崇平, 2021年度 試験研究助成, 「デジタルゲートドライバによるパワエレ機器のオンライン制御」, 公益財団法人 関西エネルギー・リサイクル科学研究振興財団, 2022年4月 - 2023年3月, 研究代表者.

受賞


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-04-06 (水) 13:18:50 (239d)